日本の裏側を垣間見ることができるのは裏モノジャパンだけです

a man using smartphone and laughing

犯罪行為の特集

a man was photographed take a selfie

裏モノジャパンでは犯罪にまつわる情報もたくさん載っています。これらの情報は絶対に悪用禁止ですが、怖いもの見たさや好奇心によって楽しみながら読むことができます。
犯罪系の記事に関しては大きく分けて二タイプに分けることができるのですが、ためになるのはグッズに関する情報です。例えば、車の窓をいとも簡単に開けてしまうグッズや、自転車のチェーンロックを切断することができるグッズなど、窃盗に利用できるものが紹介されています。ただ、こういったものの存在を知っていれば予防に努めることができますし、万が一車のキーを指しっぱなしでロックをかけてしまった場合などには便利に使えます。
大切なのは裏モノジャパンで紹介されている情報を悪用するのではなく、いい方向に有効活用することだといえます。

二つ目の犯罪系の記事は、実際に犯罪を働いていた方が告白するような記事です。30年間痴漢を働いた男性が語る痴漢業界の話であったり、空き巣班の取材記事など、様々な犯罪に手を染めた人間の告白記事が読めることがあります。
これらの記事は怖いもの見たさを満たしてくれますので、もちろん模倣するのはいけませんが、読み物として読む分には非常に楽しいものになっています。自犯罪の手口を知ることによって防犯意識を高めることもできますので、暇つぶしがてら読んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、裏モノジャパンでは、犯罪行為にはならない程度の悪質ないたずらが載っていることもあります。公衆トイレにラップを張ったら…というものなどは、犯罪行為とはいいがたいのですが、実際に行うと結構嫌なものです。
こういった情報も悪用はせずに、あくまで娯楽として読むようにしましょう。